同じものを見てるのに。。。


こんにちは!
楽読岐阜駅前スクールの杉山智美です!

 

カテゴリーに『今日のレッスン』を追加しました☆
レッスンでの受講生さんの言葉や、受講生さんの気づき、私の気づきを主に書いていきたいと思います\(^o^)/

 

昨日のレッスンは、中学生のお子さんと、お母さんでした。
他の方もご予約頂いていたのですが、体調不良などでキャンセルが出て、
親子1組と私のレッスンです。


中学生のR君は、1年生の割にはとてもしっかりしていて、言葉遣いも丁寧で、いつも大人の受講生さんに囲まれてのレッスンで緊張しているのか、とても静かです。

R君、昨日はお母さんと二人だったからか、いつもと違って素を出してくれてる感じです。
眺める時間は
『本は読まないで見るだけだよ〜、みんなで会話するよ〜』
って言ってるんだけど、R君、(プレミアムメンバーなので好きな本をテキストにしてます)
本が読みたくて仕方が無いみたいです。会話もあまり入ってこないので
『読んでないよね!?』
なんて突っ込んだりしながらレッスンをしました。

この時間、お母さんから見たらRくんは、
『インストラクターの言う事を聞かないダメな子!』
に写ってたんですが、私から見たら、
『いつもより素を出してくれて、R君らしさがでているな、嬉しい〜♪』
という状態でした。

 

同じものを持ているのにこの違い。
お母さんはこの違いにびっくりされていました。
『いつも言う事を聞かないダメな子』と叱ってたけど、
見方を変えただけでこんなに違って見えるんだ!

いつも目の前で起きている事、見ているもの、
自分の決まった枠で見て決めつけていませんか?

右脳活性すると、多角的に物事を見られるようになってきますよ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



中学生や小学生のお子さんはレッスンに通いだして
『嫌いな科目のテストの点が上がった』とか
『英語のヒアリングテストが満点だった』とか
学生コース、ファミリーコースを修了する前に変化が現れています。

 

 

 


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive