眺める


こんにちは!
楽読岐阜駅前スクールの杉山智美です。

ずいぶんと更新がご無沙汰になってしまいました。

すみませんm(_ _ )m

これからどんどん更新していきますね!


では、レッスンの解説の続き、いきます*\(^o^)/*

 

1分間計測で現在地を知り、

眼筋トレーニングで文字を速く見る為に眼の筋力を鍛え、

呼吸法でリラックスした後は、

『眺める』です。

ラストレッスン

 

 

 

 

 

 

何をするのかというと、

英語の速聴が流れている状態で、

本を理解しないで、ただ見るだけをしながら会話をしていきます。

この時に、周辺視野も意識していきます。

 

文字を理解しないでただ見るだけ。

本が好きな人にとってはついつい理解しながら読んでしまいます。

本が嫌いな人は

理解しなくてもいいんだったら、

見るだけでいいんだったら出来る、という方が多いです。

 

ただ見るだけで、意味があるのか?

これをしていくと、『文字を見る』事に慣れていきます。

 

文字を見る事に慣れていくと

文字を見ただけで、理解できるようになります。

頭の中で音読しなくなる状態の基礎を作るようなものですね。

 

そして本を見ながら、会話をしていきます。

本を見ながら会話をするのって、『難しい!』と言われる方も意外と多いです。

本を見る事に意識するし、周辺視野も意識するので、

話をする事に意識を持っていけないのです。

 

考えて言葉を発する事が出来ないのです。そうすると

『こんな事、言うつもりじゃなかったのに!』

という事を言ってしまった、という事が起きます。

 

テーマによっては

『自分はこんな事思ってたんだ』

と言葉に出て初めて自分の『内なる声』に気がつく事もあります。

 

この『眺める』の時間は

テキストを見る事で視覚、

速聴が流れている事で聴覚、

テキストの本をめくる事で触覚を使っています。

 

岐阜駅前スクールでは、更にお菓子を食べながら会話をします。

お菓子を食べる事で味覚や嗅覚も使う事になるので

五感を同時に使う事になります。

 

日常で五感全部使うって、なかなか出来ないですよね。

受講生の皆さん、楽しんで五感全部を使っています。

 

このトレーニング、実は相当脳を使っていて、

初めてのトレーニングでは

脳が今までにない感覚というか、

疲労感というか、『うにゅうにゅ』した感じになる方が多いです。

右脳が熱くなった、と感じる方もいます。

 脳を使っている!と実感できる時間でもあります。

 

そして、何よりも会話をしながらのトレーニングなので、辛くないのです。

むしろ楽しいレッスンなのです。

文字通り

『楽しく、楽に、速く読める』のトレーニングの神髄はここにあるのです!

 


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive